プロフィール

やっちゃん

Author:やっちゃん
神奈川在住、隊長(奥様)とゆったりまったり夫婦で登山、ロードバイク、筋トレwを楽しんでいるやっちゃんといいます。


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

フリーエリア


カテゴリ


月別アーカイブ


RSSリンクの表示


ブロとも申請フォーム


最新トラックバック


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:自転車雑記
以前、お伝えした骨伝導イヤホンのインプレですよ~。

ブツはこちら


目的
ツーリング中、片方が迷子になった場合(う、うちの場合は特定されてますが)携帯で連絡をする。ただしその際、走行中だと「鳴っていても気がつかない場合」や、あるいは通常のイヤホンだと「風切り音等で聞こえない場合」がありそう。
という訳で骨伝導ならいいのでは?と思い購入。


使用方法
骨伝導ユニットをどうやって装着するか・・が迷います。とりあえず冬はインナーキャップかぶるのでそれで挟めます。ヘルメットと頭の間に装着しようとしたけど密着はせず、ちょっとした拍子で落ちてしまいそう(ざっと試しただけでそれほど真剣には挑戦してません、今はキャップでおkなので)。ヘッドワイヤーなんてかっちょいい名前の付属品があるけど針金曲げただけ・・・それにヘルメット脱いだらこの針金が見えるのかと思うと・・・かっちょ悪すぎるw

夏でもヘアバンドすればいいんでしょうが・・・うーん・・・


使用感
骨伝導ユニットにマイクも内臓なので、接触させる部分によって髪の毛や地肌と擦れる音も拾ってしまう。普通の音声が聞こえなくなる程ではなく「ちょっとうるさいノイズ」って感じ。ただ走行中、ずっと通信状態にしているとザザッと音はしっぱなしなんですけどね。おいらは耳の上に挟みました。


注意点
携帯への接続は平型なんで大抵の?携帯は?問題なく繋げられます・・が、隊長のはダメでした。SBの920T、音楽を携帯で聴いて楽しむのをメインにした機種で、その分イヤホンジャックが特殊だったようです。とはいえ・・よく見ると平型の接合部+なんかわからない接合部、のように見えたのでナイフでイヤホンジャック削れば使えるんじゃ?
カッターナイフで削ったら見事に装着できました。

感想
奥様は「雑音あるけどまあまあよく聞こえたよ」という感想。でもおいらのほうは・・「もにょもにょ言ってるのは聞こえるけど何を言ってるのかは聞き取れない」。
これはおいらがイヤホンジャックを削ったせいか?と思ったのですが

奥様「い、いやぁ・・そのせいじゃないと思います・・・
だって・・人もいたりするから・・大きな声じゃ話せないし・・小声になるし・・」

あちらさんは坂を登る時「エッホエッホ」いうおいらの掛け声や、「右曲がります~」「○○通過~」などとてもよく聞こえたそうです・・・

骨伝導とはいえ、やはり発信者は「大きな声でしっかりと」話すのが基本のようです。その点は普通のイヤホンマイクと変わらないですねw
これから使い続けるので続報あったらお伝えします~^^

↓押していただけると励みになります^^
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車寄り道へ
18日は何食べにいこ?
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 明日は明日の風が吹く all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。